情報処理試験とは

いまさらですが、情報処理の概要をお伝えしましょう。

情報処理試験とは



詳細は、IPAのサイトをご覧頂くのが一番ですが、それによれば『情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。』とあります。

情報処理技術者試験は、まず、『国家試験』です。

試験の目的



情報処理試験を実施する目的は、上記IPAのサイトでは、3つあげています。


  1. 情報処理技術者に目標を示し、刺激を与えることによって、その技術の向上に資すること。

  2. 情報処理技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、学校教育、職業教育、企業内教育等における教育の水準の確保に資すること。

  3. 情報技術を利用する企業、官庁などが情報処理技術者の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、これを通じて情報処理技術者の社会的地位の確立を図ること。



試験区分



今の情報処理技術者試験は、実務に求められる専門性を考慮して、相当細分化されています。
平成21年からおおむね今と同じ区分で実施されており、下記のような試験が実施されています。


  1. ITパスポート試験

  2. 基本情報技術者試験

  3. 応用情報技術者試験

  4. ITストラテジスト試験

  5. システムアーキテクト試験

  6. プロジェクトマネージャ試験

  7. ネットワークスペシャリスト試験

  8. データベーススペシャリスト試験

  9. エンべデッドシステムスペシャリスト試験

  10. 情報セキュリティスペシャリスト試験

  11. ITサービスマネージャ試験

  12. システム監査技術者試験



これらの試験の分類は、「共通キャリア・スキルフレームワーク」のレベルに合わせて構成されています。


  • レベル1

  • ITパスポート試験

  • レベル2

  • 基本情報技術者試験

  • レベル3

  • 応用情報技術者試験

  • レベル4

  • 高度(プロフェッショナル)試験



詳細は、こちらの情報処理技術者試験の試験要項を確認いただきたい。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。