従来、日本だけで済んでいたビジネスが、円高・少子化の進展で、どうしても海外に進んでいかなければならない状況になっています。 この閉塞感漂う日本では、今後世界に出て行く機会が増えこそすれ、減ることは絶対にありません。 昔から、英語が出来るだけでは意味がないと言われ続けていましたが、実はそれは英語が出来ない人の言い訳です。 最先端のビジネスの現場では、英語の力がないだけで、入り口にすら立てません。 まず、入り口に立って、次の専門性を身に着けるのが順番です。 英語が出来る方は、少なくても、他のビジネスマンの一歩先をいけるのです。
英語については苦手意識を持つ方が多いと思います。 英語は、読めば読むほど力がつく訳ですが、学生時代に あまり勉強をしてこなかったという方は、どうしても 読み進み方が遅くなるので、進歩を実感できるまでに 時間が掛かるのです。
TOEIC730点をクリアしないと課長昇格が出来ない。 最近、そういう話題を聞きませんか。 TOEICは、もともと日本人の英語力を確認するために作られたものなんだそうですネ。 なので、海外でTOEICを使っているのは、実は日本と韓
「英会話」を、例えばgoogleで検索すると、2013年9月23日現在で、「約 16,100,000 件 (0.13 秒)」もあることが分かります。 日本人が作った英会話のサイトだけでこれだけあるということです。 例えばもう少し絞って、「ネットで英会話」と