簿記の知識は、会計の基礎です。 今の日本のサラリーマンに求めらる3大資格といえば、英語・ITそして会計です。 その会計の基礎が、簿記の知識です。 日本では、日本商工会議所による日商簿記検定や全国経理教育協会による全経簿記検定などの検定試験が行われており、日商簿記検定1級もしくは全経簿記検定上級に合格すると、税理士試験の受験資格が与えられます。 初めての方は、まずは、日商簿記3級を目指しましょう。
サラリーマンの3大資格と言っておきながら、なんてタイトルだと思う方には、 先に謝っておきますネ。 でも、世の中、皆さんが「簿記」を知っている訳ではないですよね。 しかも、「会計」と「簿記」の違いを説明できますか? たいていの人は、「会計」と
簿記・会計の資格と言えば税理士と会計士というのが双璧。 しかもどちらも、難関の資格で有名です。 でも、税理士と会計士の違いって、何だか分かりますか? 税理士も会計士も試験には簿記が必須です。 どちらも、会計の専門家というイメージがありま
簿記2級を目指す場合には、商業簿記と工業簿記の 知識が必要になります。 商業簿記は3級からステップを踏んで勉強していくけれど、 工業簿記は、2級から登場してくることもあり、 イメージが沸かないという方も多くいます。 また、
資格取得に必要なモチベーションをどうやって 維持するのかは、実は非常に重要です。 試験勉強を続けていくと、なかなか伸びを感じない時期が あります。 そういう時は、勉強を行うモチベーションがあがりませんよね。 そこで、今
ここから、少し簿記3級の講座をお届けします。 YouTubeには、たくさんの簿記講座がアップされています。 ここでは、そんな講座の中からひとつご紹介しますネ。 今回の動画はいかがでしたか。 今回は以上です。 では次回ま