現代のビジネスマンには、専門家としての専門性以外に、その土台になる三つの資格が求められます。

それは、

英語とITそして会計



の知識です。

このサイトでは、それら三つの資格に関する話題について、有用な情報をお届けしていきます。

英語は、言うまでもなく、国際的な公用語です。

また、イギリスやアメリカ以外の国で英語を公用語にしている国もあります。

様々な国の方とビジネスを行う場合には、共通的なコミュニケーションの手段として英語が必要になる訳です。

今後も英語の重要性は増えこそすれ、決して減ることはありません。

ITについては、言うまでもなく、活用が出来ないビジネスマンは、今後の活躍の場がなくなることは間違いありません。

ITシステムを業務で活用していくための知識も、今後一層必要になります。

そして、会計

ビジネスはボランティアではありません。

儲かっているのか儲かっていないのか。

ビジネスマンはそれをきちんと把握して行動することを常に求められます。

損して得とれといいますが、どの程度の投資(損)がどの程度の収益(得)につながっているのか。

数値化して行動しているビジネスマンがどれだけいるのか。

その結果、どれだけ会社に損害を与えているのか。

実は、会計の知識は、求められていながら、正当に評価されているとは言いがたい知識でもあります。

しかし、別の見方をすれば、会計を制することこそ、出来るビジネスマンの第一歩なのです。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|